ページの先頭に戻る

Negative Indicator 検査結果表示システム

『安心の見える化』に貢献する。

検査結果表示システムとは »

Negative Indicator 検査結果表示システム の理念

現在の検査では陽性者を見つけだすことが主な目的となっており、症状のない者は新型コロナウイルスに感染しているか否かを知るすべがありません。その結果、不安から以前のように気軽に食事や旅行などの外出がしづらい世の中になってしまいました。そんな世の中の流れを少しでも変えることができれば…、その想いからこのプロジェクトは始まりました。

Negative Indicator(ネガティブインジケーター)は、会社や各種団体、お店等で検査を継続実施し、陰性結果を得ることで安心してコミュニケーションをとれる世の中に変わると信じております。

繰り返し検査を行うべき理由

新型コロナウイルスの検査にはPCR検査、抗原検査、抗体検査の3種類があります、しかし、いずれの検査方法も一度の検査結果では確定診断はできません。そこで、一定の期間に繰り返し検査を行い、検査結果の信憑性を上げることで、ようやくその期間内は新型コロナウイルスに感染していないことを証明することができるのです。

Negative Indicator(ネガティブインジケーター)は陰性であることの検査結果を見せ合う【 検査結果表示システム » 】ことで、感染リスクの低いグループを形成することを目的としております。皆様の『安心の見える化』にお役立てください。

TIPS Negative Indicator 検査結果表示システム とは

検査結果表示システムとは、新型コロナウイルスの検査結果をスマートフォンから確認できるシステムです。
最新2回分のPCR検査・抗原検査・抗体検査などの検査結果を、いつでも自分のスマートフォンに表示し提示することができます。
利用料は、年額 3,600  /1人あたり

詳細はこちらから確認 »

予防と継続検査の新しい習慣

粘膜にウイルスが付着したからといって、すぐに感染(細胞内に侵入)することは無いと言われております。予防にはマスクの着用や三蜜回避、手洗い、うがい、アルコール消毒が一般的ですが、鼻うがいや目の洗浄もできればより万全な予防対策になります。

30分に一度うがい、手洗い、鼻うがいを行うと効果的です。

手洗い
石鹸を使ってしっかりと
うがい
人との交流後はいつも
アルコール
70%以上濃度のアルコールで
鼻うがい
1.0%程度の食塩水で鼻の粘膜をキレイに
目の洗浄
洗眼薬を使うと目もスッキリ

検査の種類について

PCR検査 (Polymerase Chain Reaction)

  • 病院や専門機関にて鼻咽頭拭い液か唾液で検査
  • 今感染してるか分かるが費用が高い
  • 結果までに時間がかかる

抗原検査

  • 病院や専門機関にて鼻咽頭拭い液で検査
  • 今感染してるか分かるが、まだ精度も低く取り扱いも少ない

抗体検査

  • 自分で血液で検査
  • 今感染しているか分かりにくいが、手軽に検査できる
  • 費用が最も安価
新型コロナウイルスの三種の検査方法

■ 新型コロナウイルスの三種の検査方法

販売代理店

会社名
八州薬品株式会社
所在地
〒567-0085
大阪府茨木市彩都あさぎ7-7-18 彩都バイオヒルズセンター